中古マンションの勧め!メリット・デメリット

中古

 

■ この記事で分かる事 ■

・中古マンションのメリット・デメリット

・中古マンションは実際のものを確認出来、割安で購入できるチャンスがある

中古マンションについてどの様に感じますか?

新しいもの、新築好きの多い日本ですが、昔より中古に対して、抵抗を持っている人は少なくなってきていると思います。

最近はリフォームなども金額がメニューによって決めれれていて、明確になっているのでトラブルになる事も少ない様です。

以前のリフォーム業界はというとクレーム産業と言われるほど、お客さんの意図している事をなかなか実現する事は出来ませんでした。

しかし今は、新築マンションの価格も高止まりしているため、高くて買えないから、仕方ないから中古を買うって方が多くなってます。

新築マンションの価格は郊外の不人気マンションを除いては、今も高値で売れてます。

 

中古マンションがいいと思う理由

中古マンションの場合は、買っていいかどうかの見極めがすごく難しいです。

どんなマンションだって価格次第では買っていいマンションと言うことが出来るのですが、2.3ヶ月のうちに売れないような価格設定のマンションは割高と判断していいと思います。

 

価格が安いマンション

新築よりは当然同じ立地条件、広さであれば安く買える事がほとんどでしょう。

いくら条件が悪くたって価格が安ければ、買っていいマンションと言えます。

一般の人が価格を設定するので、まれに相場から見て安いと判断出来るマンションが出てきます。

中古マンションの場合は、ある一定のエリアをチェックくしているのも掘り出し物が見つかりいいかもしれません。

 

実際のお部屋が見れる

新築マンションの場合は、マンションか完成していない間はモデルルームを見て、購入を決めなければいけません。

中古マンションであれば実際のお部屋を見学する事ができて、日当たりや眺望を確認する事ができるので、こんなはずではという思った物と違うなんてことはないでしょう。

 

大きな価格の上下がない

新築マンションを購入して入居してしまうと、すぐに新築から中古マンションになってしまいます。すると一気に価格は下がります。

未入居の物件と、誰かが入居した物件では価格が違うのが当然ですよね。もともと中古マンションであれば誰かが入居していたので、中古は中古価値が一気に変わる事はありません。

 

仲介手数料0円!不動産売買、おうちダイレクトの実力は?

2019.02.24

不動産売買、100万円以上、仲介手数料を安くする方法!

2019.02.13

 

中古マンションのデメリット

中古マンションの価格を安いか高いか判断するのは非常に難しいです。

中古マンションを新築マンションより安いからという安易な考えでは損をしてしまう可能性があります。

中古が新築より安いのは当たり前で、築年数に対していくら新築マンションと違うのかを見なければいけません。

また、仲介会社の場合は新築の価格はあまり判断に入れずに、そのマンションが、周りのマンションがいくらで成約(実際に売れたのか)したのかを判断にして、売り物の多さなどから判断をします。

周りに販売中の物件が少なく、成約事例も乏しいと判断を誤ってしまうかもしれません。

こんな感じで高いか安いかを判断するのですが、一般の方でも、特定のマンションをウォッチしていれば、このお部屋は高くて売れないとか、安いからすぐ売れちゃうなど傾向がわかると思います。

 

設備が古い

築年数の経ったマンションは設備が古い事があります。設備は10年も経てばガラッと変わってしまうので、嫌でも中古感は出てしまいます。

また、壊れてしまうリスクもあるので、対応年数がどれくらいか確認はしておくといいでしょう。そうするといざお金がかかる時に慌てないで済むと思います。

 

住宅ローン控除

課税業者からの購入でないと、新築で得られる住宅ローン減税より低くなってしまいます。

現状新築は400万円の減税が最高でえられますが、個人からの場合は200万円と半分になってしまいます。

所得が高く、高額なマンションを検討されているのであれば、減税額が大きい新築がいいですよね。

 

新築マンションを値引きして購入する方法

2019.02.19

 

最後に

新築が当然の様に高い日本ですが、海外では年代を重ねたマンションの方が高い場合があるそうです。

日本が海外の様になるかというと、考え辛いとは思いますが、中古マンションの抵抗も薄れ、最近は新築同様に価格が高くなってきています。

立地条件の良い中古マンションであれば、他に出てくる可能性がなければ購入しても良いと思います。

ヴィンテージマンションと呼ばれるマンションは建物だけではなく、立地条件が良い事が挙げれれます。

今後手に入れる事ができない様なマンションであれば、価値がキープできるかもしれないのでオススメです。

どんな物件がいいか悩んでいるって事があれば、ご相談いただければ出来るだけお答えしたいと思ってます。

お気軽に問い合わせからコメントください。

 

仲介手数料は0円、不動産売買は不要な時代

2019.03.05

不動産は今買うべき!と考える4つの理由

2019.02.25

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です