老後2000万円問題は不動産投資で解消すべき!

老後年金

 

このブログを始めたのも、

資産形成の勉強として色々な方法を勉強しようと思った事がきっかけです。

株や為替、どういったものがいいのか、、、

 

私は不動産の専門家で以前より不動産投資を行なっているのですが、

今の所、不動産投資が老後資金の対策として一番だと思ってます。

 

今回は老後2000万円なんて楽々って思える不動産投資をご紹介します。

皆さんにも不動産投資の良さを伝えられたら幸いです。

 

老後2000万円問題とは

老後の蓄えとして2000万円必要!

すごい大きなニュースとなっていましたが、

年金だけで過ごせると思っていた方は、いなかったのではないでしょうか?

30歳前後の人で老後の事を考えている人は、そもそも年金だけで生活できるなんて思っていないです。

 

最近はiDeCoやNISAなど自分で積み立てなさい、ってメッセージがバンバン伝わって来ますからね。

 

自分年金として今回は私の専門の不動産投資についてご紹介します。

 

老後には残債がゼロになる

不動産投資はローンを借りてマンションなどを購入するのですが、

いずれは借金がなくなり、毎月の支払いがなくなります。

そうすると、家賃収入が丸々ふところに入って来る様になります。

 

不動産投資の場合は30年から35年のローンを借りるのですが、

金利が今は低く、借入期間が長く設定する事ができるので毎月の支払いが抑えられ、家賃収入で十分に支払う事ができます。

月々の負担がなく借金を減らす事が出来るのです。

 

金利が低いうちは負担をする事なく、ローンを返済できるので勝手に貯金ができるというイメージです。

残債がなくなって家賃収入が丸々入ってきますし、売却すれば数千万円にもなるのです。

 

ものすごくいいとは思いませんか?

これぞ不労所得です!

 

不動産投資をオススメする理由

不動産投資は特に簡単です。

ほったらかしでいいですし、資産がなくても大きな運用が始められるのが特徴です。

それではオススメ理由を上げていきます。

 

1、ローン支払いより家賃収入の方が高い

今は金利が低く、ローンも長い期間を組む事が出来るので、

ローン支払いより、家賃収入の方が高くなる場合がほとんどです。

 

具体例をご紹介します。

都内で5000万円ぐらいのマンションを投資で購入するとします。

物件金額を5000万円を35年ローンにします。(金利1%の場合)

毎月のローン返済は約14,1万円です。

しかし、家賃は20万円ぐらいに設定する事が出来るとすると、5,9万円は毎月手元に入ってくるのです。

 

毎月かかる経費(管理費・修繕積立金)も2万円前後でしょう。

固定資産税も年間で15万円前後だと思うので、

諸々費用を足しても家賃収入の方が高いです。

 

何もしなくていいので不労所得です。

 

2、日々相場をチェックしなくてもいい

株や為替の場合は日々動きがありますね。

トランプ大統領のツイッター発言一つで数%上下したり、

経済指標の変化で数%変化が数字で出てきます。

 

しかし、不動産の場合は長い目で見れば相場の変化はありますが、

一日一日で明確に価格が上下する事はないのです。

 

売却を考えなければ、ほったらかしで老後までローンを家賃で支払えばいいのです。

 

3、急激な家賃変化がない

家賃は2・3年であれば変化する事は少ないです。

10年も経てば安くなる事はありますが、数年では賃料の変化はあまりありません。

6年間同じ賃貸に住んでいた事がある友人も、賃料改定がなかったっていってました。

ご自身が賃貸借りていた時はどうでしょうか?賃料改定ってなかったのではないでしょうか?

 

家賃の急激な変化がないため、

安心して家賃をローンの支払いに充てることが出来ます。

 

4、問題が少ない

トラブルについても意外と少ないものです。

あなたも賃貸を借りていた時、大家さんに何か要望を出した事ありますか?

 

築年数が浅い物件の場合はほとんど設備トラブルはないと思います。

経年劣化してくるものもありますが、その都度直していけばいいので忙しい方にもお勧めできる投資です。

 

5、保険にもなる

投資用のローンにも団体信用生命保険がつけられます。

家賃収入で支払える範囲なので、生命保険にお金を貰いながら入れるって事になります。

保険ってお金を払って入るものですが、不動産投資であればタダみたいなものです。

 

老後だけでなく、万が一の時にも家族に残してあげられるのでお勧めです。

残債がなくなれば、家賃がそのまま家族に渡るようになるのです。

残債がなければ、売却をすれば売却価格が家族に渡せます。

 

家族の事を考えると不動産を資産として持つのがいいとは思いませんか?

 

6、まとまった資金なしでも始められる

まとまった資金なしと言いましたが、100万円前後は必要です。

積み立て投資などであれば、もっと低い資金からスタートする事はできるのですが、

積み立てではない場合、株や為替などの場合も100万円程度は必要になるので、数千万円の投資が100万円程度からスタートできるのは魅力のポイントです。

家賃収入がローン支払いを下回ってしまう事も少ないのでお勧めです。

 

積み立ての投資では毎月資金が必要になってしまいます。

 

築年数が経っても数千万円で売れる

マンションの場合、どんなに古くても数千万円という価格で取引されています。(もちろん広さに寄りますよ!)

毎月家賃収入からローンを返済しても、手元にお金が残るのですが、

借金がなくなったタイミングでも、数千万円で売ることが出来る。

なんと簡単な事でしょうか。

 

毎月お金が入ってきて、保険にもなって、少額から始められる。

やっぱり不動産投資っていいです。

 

アパート投資はオススメしない

私はアパート投資には疑問があります。

そもそもアパートのある立地が魅力的とは言えないからです。

駅から近いアパートって少ないですよね。また、アパートは規模が小さいですよね。

私は駅から近く大規模な物件が魅力って思っているからです。

 

また、流動性が悪いと思ってます。

アパートを買いたいって人が何人いるでしょうか?

一般的なマンションの一室の方が検討する方が多いため、高い価格で売却することが出来ると思っています。

 

アパート投資をしたことがない為、すごく詳しいって訳ではないので間違っている事もあるかと思います。

しかし、物件が魅力に感じない点、流動性が乏しい点からアパート投資はお勧めではありません。

 

最近は投資用アパートって問題が多いですからね。

 

いざ売却という時に、価値が下がらないマンションを選ぼう

老後のために自分年金としての投資ですが、

売却する際に価格が低くなってしまうよりは、高い方がいいですよね。

 

価格が落ちないマンションの特徴は3点です。

1、駅から近く

2、大規模で

3、人気の街にある

 

上記の3点を重視して購入をすれば、価格は比較的下がりにくいのでお勧めです。

駅近とは5分以内、大規模とは150戸以上を選ぼう!

あくまでも私の基準です。

駅から近ければ近いほど、大規模っていうのも大きければ大きいほどいいです。

 

なぜみんなやらない?

これだけ魅力的なことが揃っているのに、みんななんでやらないの?

高額だから怖い

投資に限らず高額の買い物って慎重になってしまいますよね。

不動産投資の場合、洋服や車と違って

欲しーいってならないですよね。

 

そんなものの購入は難しいものです。

 

知らないから怖い

身近にやっている人も少なく、知らないことだらけ。

知らないから怖い、これが一番の理由かもしれないですね。

 

別に私にお金が入る訳ではないのですが、

友人に勧めてみると結構、不動産投資を始めてます。

 

みんな老後心配みたいです。

 

最後に

最後まで読んで頂き、有難うございました。

不動産投資を始めるきっかけになれば嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です