仲介手数料は0円、不動産売買は不要な時代

仲介

自宅売却を考えている方、仲介業者選びはどの様にしますか?

今自宅を売却しようとしているのですが、調べた結果についてご報告いたします。

物件価格の約3%が上限として、不動産仲介を通じた売買の場合は手数料がかかってきます。

大手不動産会社ではこの3%の手数料が取られて、手数料の値引きはほとんどないと言ってもいいので、物件価格が5000万円は150万円ぐらい手数料を払わなければいけません。

 

仲介手数料は3%は正当な金額か?

仲介会社を通じて購入する場合、物件価格の3%近く手数料がかかるのですが、今の時代にあっているのでしょうか?

一昔前であればインターネットも普及していなかったので、不動産売買情報を広めるためにはそれ相応の広告費が必要だったでしょう。

チラシを作成して、印刷、ポスティングや新聞折込を入れるとなると数十万かかります。

 

今はどうでしょうか?アットホームやホームズなど不動産ポータルサイトへの登録は1物件単位では数万円で済んでしまいます。

お客さんも数ある中から選択するので、たくさん物件を見る事も無くなってきているので、商談もそんなに必要ありません。

100万円単位の仲介手数料は、時代が変化した今は内容からすると高いと言えるかもしれません。

 

両手とは?

仲介手数料は両手・片手と分かれます。

両手というのは、買主からも売主からも仲介手数料を取れることを意味します。1つの仲介会社がそれぞれ相手をすることです。

手数料を両方からもらえるので、両手と言います。

物件価格が5000万円の場合は、3%の約150万円が買主・売主からそれぞれもらえるので300万円の手数料を得ることができます。

片手とは?

仲介手数料を売主側のみ、もしくは買主側のみからしかもらえない事を片手と言います。

売主側の仲介会社と、買主側の仲介会社が協力して売買を成立させる時には片手になります。

ぶつ元の仲介会社は両手を得たい

売主側の仲介会社をぶつ元というのですが、買主側の仲介会社より売主側の仲介会社(ぶつ元)の方が立場が強くなる傾向があり、お願いだから売ってって感じで買主側の仲介会社が頼むようなイメージです。

なぜなら、ぶつ元は出来れば両手の取引をしたいので、買主を出来れば自分で探したいですよね。悪い(ぶつ元)だと買いたいお客さんがいると言っても、今申し込みが入ってますとか嘘を言って囲い込みをしようとします。

 

今はそう言った囲い込みは禁止されていますが、両手を得ようとまだまだ情報をクローズしたりしている業者もあるようです。

売却の仲介手数料0円を掲げる企業

仲介手数料0円をアピールする会社がありますが、売主もしくは買主からもらえる場合でないと0円にはなりません。

ボランティアじゃないので当たり前ですよね。なので物件によって0円になるとか半額になるとか違いがあるのが、手数料がどこからいくら得られるかによって違うのです。

売却の仲介は手数料0円や1%、半額って会社がありますが、ここでは手数料0円をうたっている会社を紹介します。

お家ダイレクト

こちらは以前に記事にもしましたが、ヤフーとソニー不動産が運営している仕組みです。手数料を安くするのは小さな仲介会社の特徴ですが、メジャーな会社も不動産流通に革命を起こすってこういったサービスを開始したようです。

ぶつ元の仲介会社としてソニー不動産が動きます。お客さんを集めたりするのがヤフーの役割です。

売主から0円にするため、自ら買主を探す事になるので、他の仲介会社が買主を連れてきても売買は成立しません。クローズ状態になります。

その他紹介する会社も同じです。

 

買主を探す方法はヤフー不動産に登録のみとなるので、アットホームやスーモ、ホームズなどのヤフー以外のポータルサイトには登録されないのがデメリットです。

ヤフー不動産は他のポータルサイトに比べると反響が少ないと言われていますので、大きなデメリットですね。

ただ、企業が抜群の知名度なので安心できるかもしれません。

仲介手数料0円!不動産売買、おうちダイレクトの実力は?

2019.02.24

 

コーラル株式会社

仲介手数料無料とか定額とか検索をかけるとコーラル株式会社が出てきます。

資本金1000万円、社員数9人と小さな会社ですが、東京の江東区や横浜に支店を構えてます。

小さな会社なのでフットワークも軽く、明日伺いますとか対応が丁寧でスピーリーな印象を受けました。

アローズリアルエステート

仲介手数料0円で急速に成長している会社です。2009年設立と新しい会社ですが、現在資本金1億円までに成長しています。

湾岸エリアのタワーマンションに特化し、今年の1月には横浜にも支店を出したようです。

湾岸エリアに住んでいる友人から聞いたのですが、毎週のように売却募集のチラシが入っていて、手数料ゼロで売り物を集めてぶつ元になり、買主を自ら見つけているようです。

業績を急激に伸ばしているので、回転重視の印象を受けました。査定金額以内でないと、売却依頼を受けてもらえない事もあります。

売却希望価格が査定金額を大きく上回ると、売却スピードが劣りますしそもそも売れない場合があります。ポータルサイトへの登録費用など、コストがかかってしまうので、あまり査定金額より高い金額を希望すると断られる事もあるようです。

 

最後に

売れたらラッキーという価格で、お家ダイレクトを利用してみましたが、ヤフー不動産では反響はあまりありませんでした。

価格が高い設定であるのもそうかもしれませんが、ヤフー不動産のみでは弱いと思いました。

アットホームやホームズ、スーモと言った他のポータルにも掲載してくれる会社を選んだ方がいいと思います。

自宅を売却される際は大手に頼むのもいいですが、3%という手数料を考えればいかがでしょうか?

安いに越したことはないですよね。手数料が安いところで始めてみてダメだったら変えればいいのではないでしょうか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です