リスクを把握すれば、変動金利も怖くない!

計算

 

■この記事を読んで分かる事■

変動金利は意外とリスクが少なく、支払いが上昇しない

金利優遇が過去最大、しかも返済まで続く

 

住宅の購入を現金でって方は少ないと思います。

ほとんどの方が住宅ローンを借りて購入を行いますが、変動金利にしようか固定金利にしようか、かなり迷うのではないでしょうか?

変動金利であれば毎月の支払いが抑えられますが、金利が上昇する時に大丈夫かなぁ。

期間固定を選んだ場合は毎月の支払いがちょっと高いですよね。

支払い期間が抑えられる変動金利って、どんなリスクがあるのでしょうか?

実は知らないだけで意外と変動金利って安全なんです!リスクを把握すれば変動金利も怖くありません。かきで確認してみてください。

 

変動金利って5年間は支払い金額が変わりません!

 

金利が変動する変動金利ですが、毎月の様に支払いがくが変わる様なものではありません。

実は5年間支払い金額は変わらない様になってます!

では変動ってどういったタイミングで変動するのでしょうか?

 

支払いは5年ごとに変わる様になっているのですが、金利が半年に1度変わる様になってます。

支払いが変わらないのですが、支払い金額のうち、金利と元本の割合が変わる様になってます。

 

最大でも125%までしか支払いは上がらない

 

どんなに金利が上がったとしても、5年ごとの支払い金額は125%までしか上がらない様になってます。

10万円の毎月支払いは、どんなに金利が高くなっても12万5千円ぐらいにしかならない様になってます。

結構金利が高くならないと、125%まで支払い金額は上がらないです。

3800万円を0.6%の金利で35年間の場合=月々約10万円

3800万円を2%の金利で35年間の場合=月々約12万6千円

金利が1.4%も上がらないと上記の場合は125%にならないです。5年間でこんなに金利が上がったらビックリですよね。

 

変動金利で支払いが抑えられた分、金利上昇に備えた貯金をすれば問題ない

 

金利が上昇するのを恐れていても、その際に耐えられる様な貯金があれば問題ないですよね。

上記の様に3800万円の借入の場合は約10万ですが、金利が1.4%上がってやっと125%なので、0.1%や0.2%上がったとしても大差ありません。

0.4%上がっても7000円ぐらいしか変わりません。では0.4%金利が上下する様な事があるのか過去の事例から考えてみましょう。

 

過去の金利水準はどれくらい?意外と変化はない

 

バブルの30年40年前は金利が6%から8%ぐらいって時もありました。

3800万円で金利が6%の場合は毎月20万円を超えるので、支払いが0.6%と比べると倍以上違います。

ここ10年は金利は意外と上下しておりません。最低金利ってよく聞くので毎年の様に最低金利を更新しているかというと実はそうではありません。

店頭金利というのは10年間2.475%って金利から変わってはいないのです。

変動していないのに、最低最低と言われていいる理由は、店頭金利から差し引く事ができる優遇金利が最大になっているからです!

金利は銀行によって違いがあるのですが、優遇金利はどの銀行も最大を更新しています。10年前は1%前後でしたが今は1.8%前後と大きくなっています。

この優遇金利というのは借りてから返済まで優遇が続きます。

金利が低く、しかも優遇金利が大きい今がローンの組み時ですよね!

 

最後に

 

人によっておススメるするものは違いますが、もしお悩みであればお気軽にお問い合わせください。

変動金利がいいと思うのは今優遇金利が過去最大だからです。10年前とは訳が違います。

今からローンをスタートされるのであれば、まずはじめに変動金利を検討するべきだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です