マンションは新築を買うべき?中古を買うべき?

マンション

みなさんこんにちは!本日は不動産会社に勤めるプロの私が、新築マンションと中古マンションの特徴についてご紹介したいと思います。

以前も住宅購入を記事にしましたが、仕事の話をブログでするのって結構楽しいです。

早速ですが、新築マンションと中古マンションどっちがいいかって話ですが、「欲しいと思ったらどっちだっていい」が結論なんですが、それぞれの特徴を理解した上で検討いただきたいです。

新築マンション

モデルルームなんかがあり、完成前の物件などは今は映像を通して紹介しています。VRってやつですね。見学に行くと最新の設備に触れる事ができ、中古にはない盛り上がりが検討中にはある事でしょう。

メリット

新しく、綺麗で住宅ローン控除最大400万円が得られる事が大きいです。

中古マンションの見学に行った事がある方はわかると思いますが、中古って結構汚いです。自分の住んでいる家だと気にならない汚れが、購入検討ってなるとすごく目立って見えて、結構萎えます。

また、新築マンションは最大で400万円の住宅ローン控除を受けられますが、中古マンションなど(消費税がかからない)は最大で200万円のローン控除です。

住宅ローン向上が中古と新築で違う事は、意外と知らないので注意が必要ですね。

デメリット

実際の眺望や日当たりを確認出来ない、完成前に購入を決めなければいけないケースが多い事です。不動産は資金が大きいので、回収を早くしなければいけません。そのため、完成前に売り切って資金回収を行いたい企業が多いのが特徴です。

修繕積立基金といって一括して支払わなければいけないお金が、30万前後物件によって金額が違うがある。

中古のメリット

安くていい物を見つけられるチャンスがあると思います。私自身も中古マンションを購入した経験もあり、安く購入して、取得価格より高い金額で売却した経験もあります。

メリット

新築より安く購入するする事ができる事が多い。築10年以内の築年数が浅いものはリフォームなどの必要なく、十分に住む事が出来ます。

日当たりや、眺望を実際に確認してから購入が可能です。

デメリット

個人間の売買など、消費税がかからない場合は、住宅ローン控除が最大200万円しか受けられない可能性がある。

築年数が5年を超えると修繕積立金が上昇している事が多く、毎月のランニングコストが高くなる。

新築マンションを見た後だと、傷や汚れがとにかく目立つ。

仲介手数料といって物件価格の3%相当が、手数料としてかかる事がある。

最後に

最後まで読んでいただき、まことにありがとうございました。

住宅購入がまだの方は是非、見学からスタートしてみてください。特に買う気が無くてもいいので見学して見ることをお勧めします。色々と教えてくれますので、勉強になると思います。

ネットで調べるのとは生の営業から聞くのでは大きく違いがあると思うので、あまり調べて頭デッカチにならずスポンジの様に色々と吸収してみていただきたいです。

社宅や賃貸にいるよりはずっと有益な結果になると思いますので、この機会に見学をスタートされてください!

取り敢えずやって見る!取り敢えず行動してみる!

何もしないとあっという間に1週間、1ヶ月、1年と経ってしまいます。

このブログがきっかけで住まい探しをスタートしたという方がいれば幸いです。私でよければぜひ質問なども応えたいと思うので、お気軽にお問い合わせください。

本日の相場確認!

  • 日経平均:20,751円 昨日比−122円
  • TOPIX:1,569円 昨日比−13円
  • ダウ平均:25,390ドル 昨日比−21ドル
  • 米ドル円:109円
  • ユーロ円:124円

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です