入門!純金積立・プラチナ積立の仕組み、メリット・デメリットについて

金

純金・プラチナ積立について調べてみました!

皆さんこんにちは!仕事忙しい中、本日も更新する事が出来ました!

3日坊主で終わってしまう事が多いのですが、順調なスタートです。特に楽しく出来ているっていうのが今続いている秘訣かなぁと思うので、自分の興味のあるものに今後も取り組んでいきます。!

本日は証券会社のホームページを見て気になった、純金積立・プラチナ積立について調べてみました!

テレビCMで耳に残るのありましたよね!「純金積立コツコツ♩」「プラチナ積立コツコツ♩」馴染みはありますが、全くやった事もないのでどんなものか気になります!

純金積立・プラチナ積立とは

金やプラチナにはアクセサリー以外にも、投資資産としての側面があります。金やプラチナは紙切れになる事もないですし、需要がなくなる事はないですよね。世界情勢が不安定だと安全資産として保有しようと価格が上昇する事があります。有事の「金」って言われている様です。

また実物資産である金はインフレ時にも大きな効果が得られます。

毎月決まった金額を積立してコツコツ♩増やす事もできますし、まとまった金額を購入する事もできます。

デメリット

実物として残るので大きく損をする事はないと言われていますが、価格が下がる可能性があります。

また、短期的な投資には向いていないとされていて、爆発力がある投資では無いようです。

メリット

金そのものに価値があるので、世界情勢の不安定な中では安定資産とされている金に注目が集まりやすいそうです。現金よりも安定していると言われ長期保有したいという人に向いています。

デフレであっても金自体の価値は損なわれないですし、インフレ局面では価値は上がっていくようです。

投資っていうより、資産を守るって感じのようですね。

どこで始める?

ネット証券

楽天証券やSBIネット証券でも金やプラチナの取引を行う事が出来ます。それぞれ1000円ぐらいからの少額積立ができるようです。

金・プラチナの豆知識

へーって感じの内容です。皆さん金って人類6000年以上の歴史の中で、どれくらいの発掘量かご存知でしょうか?なんとオリンピックの公式プール約3.4杯分しか無いようです。21mの立方体に収まってしまう分しかないのは意外でした。また、発掘されていない金はプール1〜2杯分って言われていて、その殆どが地中深く殆どが発掘困難になると予想されているようです。

プラチナは金の30分1以下と、金もプール3.4杯かぁって驚きましたが、プラチナの稀少性にはびっくりしました。プラチナは金に比べると装飾品よりは産業用の需要が高いそうです。

最後に

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

投資の考え方として分散投資を行う事が必要とされています。投資の格言として「卵は一つのカゴに入れるな」というのがあります。一つのカゴに入れてしまった時、何かあったら全て割れてしまいますよね。株だけだったり、不動産だけだったりと偏っているとリスクに耐えられません。

日本の場合は現金に偏っていると言われています。世界ではそんな事は内容です。色々勉強して自分なりのポートフォリオを築きたいと思います。

私の場合ほぼ不動産ですからね。早くこれを始めましたって記事が書けるようにします。

とりあえず「やってみよう」やらなきゃわからない事もあるから!このブログが投資スタートのきっかけになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です