インデックス投資って本当にいいのか?メリット・デメリット

投資

インデックスファンドとアクティブファンドはどちらがいいのでしょうか?

色々なサイトを見ているとインデックスの方が人気が高いように思います。しかしインデックスより高い成果を目指すアクティブファンドが、人気がないのが不思議に思いませんか?

投資初心者はプロのファンドマネジャーが銘柄を厳選して選ぶんだから、多少コストがかかってもアクティブファンドの方が魅力に感じる方が多いと思います。

なぜインデックスファンドが人気なのか、今回は深掘りしていきます。

インデックスとアクティブの違い

それぞれの違いを把握しましょう。どういった点が人気なのか、メリットやデメリットをご紹介致します。

「アクティブ投資はインデックス投資には勝てない」

巷ではこう言われています。えっ?そうなの?と思われた方、その理由をお伝えします。

インデックス投資とは

まずインデックス投資をご存知ない方の為に、インデックスとはどういったものなのかをご紹介します。

インデックス投資は投資信託やETFで、人気を集めていますが内容はとてもシンプルでわかりやすいです。

投資指標に連動する動きを目指している

投資指標とは、日経平均やトピックス、ダウ平均などでよくニュースを見ていると出てきますよね。

日経平均は一部上場の企業の株価の平均値ですが、そのほかも平均値を表したもです。インデックス投資は、市場の平均値と同じ様な動きを目指せる様に運用を行います。

なぜ平均に勝てないのか?

市場の平均を狙うのだったら簡単だし、プロが選ぶ銘柄が結果でない訳ないと思ってしまいます。

しかし、すべての人が市場の平均を超える事は出来ない。よーく考えれば確かにって思います。儲けた、損したの平均値だから、買っている人もいれば負けれいる人もいる訳です。

だから、平均に勝てないというのは、すべての人ではないという事実からです。アクティブ運用が市場平均に負ける結果も出ているので、もちろん勝っているファンドもありますが、インデックスファンドの方が勝てます。

インデックス投資はコストが安いのも魅力です。簡単と言ったのも平均値を狙うので、すべて買ってしまえばいいだけですよね。

対してアクティブ投資がコストが高いのは当然ですよね。アクティブ投資はインデックス投資よりも高い成果を目指す為、あれもこれもと適当に買う事は出来ません。

しっかりと調査し選ばなければいけないので、人件費等コストがかかるのは当然かもしれません。

デメリット

絶賛されているインデックス投資のデメリットですが、市場の平均値の為にものすごく大きくなる事はありません。

個別の銘柄では短期間の間に2倍、3倍になる事もありますが、インデックス投資は市場同等の動きなので動きは小さいです。

また、市場全体への投資となるので、ここの企業はちょっと嫌いって企業でも投資の対象になってしまうかもしれないですし、ここの株は下がりそうだなぁと思っていても避ける事は出来ません。

投資初心者にとってはあまり関係ないかもしれないですね。

インデックス投資は積立がお勧め

インデックス投資は購入のタイミングが難しいです。市況が下落局面の場合は下がってしまうので、損をしてしまう事があります。

その為、インデック投資は一括で投資するのではなく、積立設定をされている方が多いです。価格が下がった場合に毎月決まった金額を投資していれば、たくさん購入することが出来るのです。

少し極端な例えですが、ある指標2万円を1年間購入し24万円投資したとします。

翌年1万円に下がりますが毎月の投資金額を2万円のまま変えなければ投資金額は24万円と変わらないですが、取得できた量は前年の倍の量です。

2万円に価格を戻しただけで、1万円の時に取得していたものが倍になるのです。

積立であればタイミングを考える事なく、下落局面でも平均取得金額を下げる事ができるので、相場が戻った時には大きな効果を生む様になります。

アクティブ投資とは

インデックス以外の投資はアクティブ投資と言われます。個別の銘柄を選び投資をする事です。

アクティブ投資が、インデックス投資に勝てないというデータが出ていますが、アクティブ投資の半分以上はインデックス投資に劣る様です。

しかし中にはアクティブ投資にしか興味がないよ、っていう方もいます。

ここの企業や業界を応援したい、上がりそうっていうのが分かる方はアクティブ投資でもいいと思います。

▼こちらの記事もよく読まれてます。

初心者向けウェスルナビやってみて分かった事!

2019.02.27

 

最後に

なんだかインデックス寄りの記事になってしまいましたが、今度はアクティブ投資をもっと深掘りしたいと思います。

データとしては劣るものの、アクティブ投資の魅力もあるはずです。

みなさんからのコメントなども伺えると嬉しいです。

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です