学資保険は必要?よく聞くけど学資保険ってなんだ?

保険

保険入門!学資保険について調べてみた!

みなさんこんにちは、前の記事より保険の事に興味が出て、少しづつ保険について理解を深めたいって思い、よく聞く学資保険について調べてみました。

マンションの営業をしていた時も、お客さんが学資保険にいくら払っているとか、よく聞いていたのですが、なんやよく分かってませんでした。子供の入学資金とか?

まだ子供の予定とかは無いんですが、準備として学資保険について学んでいきます。

学資保険とは

学資保険とは子供の学業に必要になる資金のために作られた、貯蓄性のある保険の事です。子供が生まれたら学資保険にっていう人がいるぐらい知られた保険です。

亡くなってしまった場合などは、それ以降の保険料の支払いが不要となり、保険料の払い込みが免除されます。

学資保険は受け取りタイミングを設定することができ、進学準備金といって「こまめにもらう」パターンを選ぶとすると、幼稚園入学のタイミング、小学校入学のタイミング、中学・高校・大学とその都度受け取る事が出来ます。

また、満期学資金として「集中させる」パターンを選ぶと例えば大学入学時に一括してもらうことも出来ます。

いついくら必要かっていうのは家庭ごとに違いがありますからね。

そもそも教育資金ってどれくらい?

教育資金がいくらかかるかわからないと、入った方がいいのかわからないですよね。

  • 幼稚園から大学までオール公立:782万円
  • 高校まで公立、大学から私立大学(文系):930万円
  • 高校から私立、私立大学(文系):1,105万円
  • 中学から私立、私立大学(理系):1,500万円
  • 小学校から私立、私立大学(理系):2,225万円

上記のようにオール公立と、中学から私立、私立大学(理系)ってなると倍近く違いますね。

選択肢を狭めないためにも準備してあげたいものです。

デメリット・メリット

デメリットとメリットを確認いただき、向いているか判断してみてください。

デメリット

貯蓄性があるものの大きく増えるってものではなく、途中解約すると元本割れする事がほとんどのようです。

保険会社が倒産したり、元本割れの可能性があります。また、学資保険の金利は固定のため、金利が上がったとしても契約時の金利が満期まで続きます。

積立投資を教育資金として分けて管理できる方は、そっちの方がお勧めのようです。

メリット

子供の教育資金を分けて管理できない人は、何もしないと無くなってしまうのだからやった方がいいですね。

亡くなってしまうなど、もしもの時には保障があるので安心です。

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

本日は学資保険について調べてみましたが、みなさんは学資保険についてどう思いましたでしょうか?個人的には学資保険ではなく、積立投資で増やしたいなぁって思いました。

この銘柄は教育資金にするんだと決めて運用していけば将来、子供が中学高校、大学って進学する際にも困らないかなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です