利回り・利子を正しく理解しよう!利息・金利?ってなに?

金利

投資用語について詳しく勉強という事、似たような言葉でも意味が違うことがあります。

一度正しい用語についてここでクリアにしたいと思います。

金利、利息、利子、今まで意識せずに使っていたので間違いがあるかもしれません。少しづつ違う意味になってしまうので、皆さんも確認してみてください。

利回りとは

元本に対して、毎年受け取る利息のことをさします。

毎年受け取る利息が5万円、元本が100万円だった場合は

5万円÷100万円=0.05をパーセントにすると、5%です。利率5%ということです。

利回り5%という事は、20年で利息は元本と同じ100万円になります。

利回り4%ってことは、25年で利息は100万円になります。4%でも結構いいですね。

利息とは

金利は元本に追加する金額の割合をさしましたが、利息はその金額自体をさします。

利子と利息は似ていますが、利息は受け取る側の立場で使われるのが一般的です。

たくさん利息が欲しい、利息を生む、利息が低くなってしまったなどこんな使い方です。

利子とは

前述したように、利子は利息とにていますが、支払う側で使われます。

元本に対しプラスで支払う金額が利子です。

投資をする私たちには利子を支払う事は少なそうですね。

利子利息の使い分けは厳密ではないらしいのですが、受け取る側は利息、支払う側は利子としておけば恥ずかしくはないでしょう。

金利とは

銀行からお金を借りるときに、借りた金額プラスどれくらいの割合の事を言います。

主に現金での貸し借りの場合に使われ、銀行のローンがそうですよね。

借りた金額に対して、追加に払う金額の割合が金利です。

不動産投資の「表面利回り」「実質利回り」

表面利回りとは

年間家賃収入÷物件購入価格

実質利回りとは

(年間家賃収入-管理費などのコスト)÷物件価格

表面利回りだけ見ていると、いい投資のように見えるものも、管理費などが高い場合は実質利回りは低下します。

ざっと検討するには表面利回りを見ればいいとおもいますが、管理費などのコストがいくらかかるかを把握せずには投資しない方がいいですね。

最後に

普段何気なく使っている言葉ですが、同じ意味でも立場の違いで使い分けたりする事がわかりました。

今はネットを色々見て勉強をしているところですが、目標設定と行動が大切だと最近すごく思っています。

いついつまでに、どれだけ貯めたいのか?

どれぐらいのペースで投資に回せるのか?

今はドンブリ勘定もいいとこなので、家計把握も同時に行なって行かなきゃと思います。

将来に対しては不安っていうより、今は楽しみの方が大きいので、色々な事にトライしたいし考えたいです。

今やらなければ、将来も同じ事をしている。現状に大きな不満もないし幸せだけど、現状より上を目指したい!

このブログをきっかけに一緒に上を目指しましょう!

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です