個人型確定拠出年金iDeCo入門!メリット・デメリット

iDeCo年金

個人型確定拠出年金iDeCo入門!メリット・デメリットについて調べてみました。

皆さんこんにちは、まだまだ始めたばかり、順調に投資の勉強ができてます。

ニュースなどでは多くの方が、口座開設をして始めているって知ってはいたものの、新しい制度だからでしょうか?まだいいやぁと避けていた内容です。

調べてみるとこちらも節税する事ができるので、ぜひ取り組んでいきたい内容です。

また今後は投資でお金を増やす事と、無駄をなくすって事を一緒に行っていきたいと思っているので、こういった投資系の他にも例えば格安携帯とかも調べたいなぁって思ってきました。

皆さんからの、お勧めのお得な制度などありましたら、コメント頂けると嬉しいです。

個人型確定拠出年金iDeCoとは

個人型確定拠出年金と「年金」と入ってますが、国が自分で年金を作りなさいって思いを込め創設された制度です。

掛け金が全額所得控除される大変お得な制度ですが、一度始めると60歳までは投資した金額が戻ってこないのが特徴です。

家族構成や年収、掛金などによって控除される金額が違います。詳しくはシミュレーションで確認いただきたいのですが、私の場合月々1万円の掛金で年間3万6000円ぐらい節税が出来るようです。

デメリット

デメリットは掛金は60歳になるまで手が出せないって事です。結構大きなデメリットですが、個人の年金を作るって事が目的のため、仕方ないかもしれません。

5000円からスタートで、1000円刻みで掛金が決められるので、無理のない金額からのスタートであればお勧めできます。あまりデメリットに感じる必要もないのではないでしょうか?

取り組む人が多いのもこういったデメリットが少ない点からだと思います。

2つの大きなメリット

積立金が全額所得控除される

積立る掛金の全額が所得控除の対象です。所得税・住民税が軽減されますが、年収や家族構成などによって異なるので、シミュレーションで確認してみてください。

運用益が非課税

投資にかかる税金は約20%と結構大きいです。運用益にも税金がかからない為、再投資されるさいに大きな効果となります。

制度が出来た理由

現在の年金システム

現在の年金システムは、仕送り型と言われていて、現役世代から集めたお金を年金世代に分配する構造になっています。

少子化に歯止めの効かない現在は、将来同じような年金がもらえないと言われています。

老後のお金っていくらかかるの?

投資の勉強を始めて、老後についてしっかりと考えないといけないと思いました。中でも老後の資金っていくら必要か?ってのは知っておいた方がいいですね。

平均でも27万円から29万円ぐらいではないかと言われています。それに対し現在の標準的な年金額は23万円前後と現在でもショートしています。

いったい将来はどうなってしまうのでしょうか?

NISAやiDeCoを活用して将来に備えないといけないですね。

どこで始める?

iDeCoに関してもネット証券が多くおサイトでお勧めされています。ネット証券というのはやはり手数料の安さにあります。こういった担当がつかなくても出来るような取引の場合、手数料って何に?って気がしますよね、、、

最後に

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。皆さん老後に備えた資金づくりはされていますか?

私は不動産投資をしているので、定年を迎える頃には不動産のローンはなくなり、家賃収入がまるまる入るような仕組みにしています。不動産投資もいい仕組みなので、後日ご紹介出来ればと思っていますが、今は自分の勉強の為に1ヶ月間は、浅く広く色々な事を調べていきたいと思います。

投資でお金を増やす。無駄な支出を抑える事をまずは勉強して行きます。

このブログをきっかけに皆さんも、よし!やろう!って気持ちになっていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です